惑星ミズサ

良かったらシェアしてくださいね!

0101-1

あらすじ

田舎町にあるちょうちん屋の一家に生を授かり、美しい風景に囲まれながらも退屈な日々を過ごしているヨシスケ(藤岡英樹)。ふらっと風俗店に入った彼は、そこで自分は宇宙人だと言い張る風俗嬢のミズサ(佐津川愛美)と出会う。それを機に彼女と交流を重ねて特別な感情を抱くようになったヨシスケは、風俗嬢を辞めてほしいと頼む。風俗を辞めると地球が滅亡すると語るアズサだったが、それを聞き入れることに。しかし、彼女の言葉を裏付けるように謎の黒い物体が地球を覆っていき……。監督 佐藤竜憲

yahoo映画より

予告

内容 10点/40点


出会いは風俗。その女性、佐津川愛美さんに恋をした藤岡英樹さんが風俗を辞めてほしいという。辞めた後にいろんな不幸が藤岡くんのまわりに起こる。人にはいろんな事情があり、風俗で働く女性をその世界から辞めさす、上がらせるってことは世界の終わりを背負い込むような、重さ、覚悟が必要なんだよということが言いたかったのかな?と裏読みしてみるww

配役 5点/30点


佐津川愛美さん、藤岡英樹さんが選ばれた経緯はわかりませんが、下手ですねwww。制作費や何か事務所やらの絡みがあったのでしょうか??ちょっとわかりませんがキャリアも浅く、これからの方たちなので次回作に期待しています(^^)リリーフランキーさん・・なんて良い味を出している方なんだ・・。今、映画を撮るとすれば一番に出てほしい方ですよね。

ラストシーン 10点/30点


まぁ、この流れになるでしょうね・・。藤岡英樹さんはまた3人で居酒屋で談笑シーンか提灯を作っているシーン、佐津川愛美さんはお客さんと元どおりの風俗の仕事に戻っているシーンで終わる方が言いたいことが伝わったかな(^^)

総評 25点/100点
自主映画??と思ってしまうほど、どういう経緯で作られたのかがわからない映画でした〜汗
 

邦画大好きな人、集まれ!facebookグループ(非公開)を立ち上げました!ワイワイ邦画について語り合いましょう!良かったら参加してくださいまし〜

↓ ↓ ↓ ↓

▶︎邦画大好き!クラブ

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら