ぼくらの家族

良かったらシェアしてくださいね!

0555

あらすじ

重度の物忘れにより病院で検査を受けた玲子(原田美枝子)は、末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。そして認知症のような状態になった玲子は、それまで話すことのなかった家族への本音をぶちまけ、長男・浩介(妻夫木聡)、次男・俊平(池松壮亮)、夫・克明(長塚京三)はうろたえてしまう。やがて経済破綻や家庭内不信など、ごく普通の家族に隠されていた問題が明るみに出てきて……。 監督 石井裕也

yahoo映画より

予告

内容 38点/40点


母の病気をきっかけにバラバラだった家族がひとつになっていくストーリー。精神的に弱いクセに強がりでええかっこ

[contact-form-7 404 "Not Found"]

しいな父と本音が言えない長男、自由気ままなんだけど家族のバランスを取ろうとする次男。長男の強い意志の元、家族がひとつになっていく様がわざとらしくなく違和感なくすごくいい!!

 

配役 27点/30点


母役の原田美枝子さん、次男役の池松壮亮さんがとっても味を出していた。原田さんはほんとうまいなぁ〜。池松さんのすっとぼけな感じとかホントうまかったなぁ。原田さんがアクセント、池松さんがこの映画のリズムを生んでいたような気がしました。長塚京三さんはリズムのある口調で演技が安定してますね。だんだん弱気になっていく描写なんかうまく演じられていました。良くを言えばもう少しナチュラルさがあれば、尚良かったなぁ。妻夫木聡さんは主役を張る俳優さんなので、もう一皮剥けて欲しいな。

ラストシーン 28点/30点


最後に長男の妻と母との和解。そこに赤ちゃんを持ってきたのはさすが!!良かったです!!

総評 93点/100点


THE 邦画!!というべき映画。ぜひ見てほしい映画です!!

邦画大好きな人、集まれ!facebookグループ(非公開)を立ち上げました!ワイワイ邦画について語り合いましょう!良かったら参加してくださいまし〜

↓ ↓ ↓ ↓

▶︎邦画大好き!クラブ

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら