映画『モヒカン故郷に帰る』感想レビュー(ネタバレあり)広島好きなら必見!クスッと笑える映画です

良かったらシェアしてくださいね!

噛み合わない父親と息子の物語。スローテンポ、もたいまさこさんが出ているということで、あのテンポです。お察しくだされww( 56点/100点)

紹介、あらすじをザクッと

プロのバンドマンになるべく東京で活動していた永吉(松田龍平)は、付き合っている由佳が身ごもったことを報告するために数年ぶりに広島の島へ戻ってくる。頑固な父親・治(柄本明)は息子の永吉につっけんどんな口調で接するが、内心はうれしくてその夜、島民たちを誘って大宴会を開催。しかし、宴会の最中に治が倒れ、がんであることが発覚し、余命宣告を受ける。永吉は父親の喜ぶ顔が見たいと奮起するも、なかなかうまくいかず……。(2016年4月9日公開) シネマトゥデイ

沖田修一監督

感想、視点、見どころなど

突如、父親が末期ガンだと告知されたら、あなたなら..どうしますか?

この映画では、なーんにも考えて生きてない、息子・永吉(松田龍平)が突然、医者から父親・治(柄本明)が、末期ガンだと宣告されるんです。

今まで父親と向き合ってこなかった永吉(松田龍平)は、残りわずかな命の父に、何をしてあげたらいいのか..

死を目前に何をしてあげられるのだろう

実際にそんな時、何をしてあげたらいいのかなんて、わかるワケありませんぬ。本人も戸惑うでしょうに・・。

そんな中、永吉(松田龍平)が、ある男の子と会話の中で、その答えはありました。

永吉
 やっぱ親って死ぬんやな・・(実際に遭遇すると)何をしゃべったらいいか・・

生徒
 何かしゃべりたいんですか??一緒にいるだけでええんじゃないですか?

何気ない会話なんですが、ワタクシ..このシーンは目から鱗でした..。永吉(松田龍平)は何かしてあげたい、でも何をしてあげたらいいのか・・と気持ちが空回り…

そんな自分に腹が立ったりするんですけど、この少年の言葉にあるように、「いっしょにいる(いてあげる)だけでいい」..それが答え。

あれやこれや、特別なことなんか、実際は要らないんですよね、しかも家族。一緒にいるだけでいいんです。

このシーン、永吉(松田龍平)を救う、力のある言葉でしたわ〜、ある意味、見せ場でしたね。グッとくるわ〜。

評価レビューを書きます

テンポはスローで、かなり間延び感あり..と、言いたいところなんですが、その飽きそうなところで、チョイチョイ笑いをぶっ込んでくるところが、なかなかウマイ!ただ、もうワンパンチ、ラストにガツンとしたものがほしかったなぁ。 

あと、これを書いて気づいたんだけど、父親が矢沢永吉のファンという設定で子供の名前は「永吉」かよっ!ww 

演技評価(◎◯△×)

松田龍平 →◎
前田敦子 →△
もたいまさこ →◯
柄本明 →◎

松田龍平さん、柄本明さんは好演でした!!もたいまさこさんもいつもの独特な雰囲気、ペースでお役目ご苦労様です(^^) 前田敦子さんは案外、こういう役は苦手なんですよね..。今回は、やり過ぎ感が裏目に出た役でしたね〜

勝手にキャスト!

監督になった気分でもうひとつのキャスティングを考えるコーナー

松田龍平 →小栗旬
前田敦子 →貫地谷しほり
もたいまさこ →余貴美子
柄本明 →西田敏行

小栗旬さんの拍子抜けした演技、好きなんですよね〜ww演技派の貫地谷しほりさんのバカっぽい役も、見てみたい!彼女がこの役をどう演じるのか、見ものですな。余貴美子さん、西田敏行さんのリズムあるおふたりを起用して、テンポアップを。意外な展開になりそうで、期待しちゃいますな!!!

さて、あなたならどんなキャスティングを考えます?

▼映画公式ページ
映画『モヒカン故郷に帰る』公式サイト

▼予告

▼評価・レビュー・クチコミ
Yahoo映画「モヒカン故郷に帰る」
Filmarks「モヒカン故郷に帰る」
映画.com「モヒカン故郷に帰る」
シネマトゥデイ「モヒカン故郷に帰る」

▼インタビュー
映画「モヒカン故郷に帰る」松田龍平&前田敦子

邦画大好きな人、集まれ!facebookグループ(非公開)を立ち上げました!ワイワイ邦画について語り合いましょう!良かったら参加してくださいまし〜

↓ ↓ ↓ ↓

▶︎邦画大好き!クラブ

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら