小池さんをそんな叩かなくてもいいじゃない?

良かったらシェアしてくださいね!

希望の党、小池代表の民進党と合流宣言から、これは安倍政権を倒すかも!?と激震が走った9月末。

その後の「リベラルは排除する」宣言。そこから民進党はぐっちゃぐっちゃになってしまい、排除された「リベラル派」が立ち上がり、「立憲民主党」を誕生させてしてしまった。

と、ここまでは特にワタクシ的には問題ないのですが、えらくマスコミは「小池叩き」に躍起になってしまいましたね・・

リベラル派の排除は功績

ワタクシにとっては。小池さんが「良い、悪い」はどうでも良いくて、右も左も存在する、よくわからない集団「民進党」を、しっかりワケてくれたことが小池さん、前原さんの功績だと思うんですよ。

だからって、希望の党を支持するワケではなく、これで、憲法改正論の話がしやすくなるということ。今までは民進党、党内で意見が別れてるんだから、国会で憲法改正論がまとまるワケないですよね??

今回の「リベラル派は排除」発言で選挙後、各党の主張がはっきりする。となると議論が進みやすい。

憲法は帰るか?変えないか?国会でいつまでも止まってる場合じゃない。国民に審議を仰ぐまでいかないとね。いつまでも進展しなかった民進党の主張をはっきりさせた。この功績は大きい。

大躍進を捨て一歩、進ませたことは評価すべき

9月末の合流宣言のまま行けば、希望の党は大躍進を遂げていた可能性は高かったはず。そこをあえて「リベラル派の排除」を掲げた小池さんの決断は大きい。

あの宣言を聞いて、「希望の党は、沈むな」と思いました。情勢を見ることに長けている小池さんは、もちろん、わかっていたはずなんです。そこをあえて言ったところが、今までの小池さんの見方を一変させました。カッコいいなと思うんです。

「リベラル派は排除」小池百合子はどこへ行く?!選挙後に自民、希望の合併もあるかもよ

そういう意味でそこまで小池さんを叩かないくてもいいんじゃね?と思う今日この頃です。

あとがき

これで安倍さん、楽勝だなぁ〜と思いきや、今度はどれくらい票を集めて勝つかが問われるんだって。もし平凡な票数での勝利だと、首相交代もありうるとのこと。う〜ん、政治って厳しいね・・

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら