1日1記事を書くブログは、毎日1商品をリリースしているのと同じことなのだ

良かったらシェアしてくださいね!

最近、ブログをせっせと書いています。

これ、ダイエット成功(-10kg)のせいでもあるんですよね。いつもダイエットに失敗していた私が今回、成功した一番要因は

「意識が変わった」こと、なんです。

以前にダイエットというと、「今日は何kg落ちたー!」といった体重の増減にしか、まったく興味がなかったんだけど、今回のダイエットはあきらかに違いました。

どういうものを食べると、どういう栄養があって、あれ食べなきゃ、これは控えないと、と今までのダイエットの「ただ痩せたい」から、「健康でありたい」に目的がすり替わり、体重増減よりも、食べるもの、口にするものへの興味へと変わっていきました。

ブログも同じように、単なるアクセスの増減に一喜一憂することはなくなり、こう考えるようになりました。「ブログ=会社」だとすれば、「一記事は一商品」じゃないかと..。たった一記事で読者のやる気スイッチを押せたり、ファンになってくれたり、はたまた、商品なんてものも買ってくれたりもする。

会社なら、ひとつの商品、サービスを作り出すのに、どれだけの時間、お金を費やさなければならないか・・。そう考えると、ブログなら自分の頭の中で製造し、いくらでも記事(商品)をリリースすることができるんですもんね。

おー、なんて素晴らしい!!

こんなことって、あります??今さらながら、ブログの良さに深く気づいてしまいましたww

米国に留学した、当時19歳のソフトバンクの孫社長は、1日5分で1つ発明するノルマを自らに課し、1年間で250件ほど特許に出願できるようなアイデアを生み出した。そのうちの1つが、孫社長の元金になった「音声付きの多言語翻訳機」で、試作機まで作り、1億7000万円を稼いだ。

孫社長の一日一アイデア、ならぬ、ブログは一日一記事、「一商品」。そう考えると、なんだかワクワクしません??

あとがき

孫社長の言葉で私が好きな「時代は追わず、仕掛けて待つ」がある。

孫社長が常に心に念じているのが「時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない」という言葉だという。既にあるモノをちょっと変えて売る、という程度のモノはどのみち続かない。「新しい時代を作るんだ、世界中の人に興奮を与えるんだ」というくらいの情熱が必要と説く。

心にズシン!ときますね^ ^

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら