酒蔵仕込『京都麦酒(黄桜酒造)』ブラウンエールを飲んでみた

良かったらシェアしてくださいね!

京都初の地ビール「京都麦酒(黄桜酒造)」をいただきました!

1

京都麦酒

コンセプト

1995年に誕生した京都で最初の地ビール。桃山丘陵地帯に流れる良質な地下水で日本酒仕込みにも使われる名水「伏水」を使用する事で「香りがよく、さっぱりしているのにコクがある」仕上がりになっています。また、早稲田大学のエジプト考古学と京都大学の植物遺伝学から生まれた地ビールもあります。

気になった点

1.酒造メーカーが作ったビール

2.熱処理ビール

非熱処理(生ビール)が主流の中、熱処理ビールということで、少し興味が湧きました。手軽に手に入れることができる熱処理ビールといえば「キリンクラシックラガー」ですね。さて、この京都麦酒はどんなお味なのでしょうか?

感想

グラスに注ぐと・・

2

色は銅色、泡の気泡が目立ちます。きめ細やかな泡・・という感じではありません。

それでは一口・・

3

うむ・・。

酵母発酵の炭酸ガスを残しているとのことでしたので、シュワシュワ感があります。グラス壁面についた泡が物語っていますよね〜

味は、口に含むと一瞬コクを感じ取れますが、その味はみるみるこのシュワシュワ感にかき消されてしまいます。水がいい濁りがない分、かなりスッキリ感はありますが・・コクを楽しむビールファンには少し物足りない仕上がりですね・・(^^;;

詳細

ビール名 京都麦酒
メーカー 黄桜(株)
原材料 麦芽、ホップ
アルコール 5%
スタイル エール

今夜のあて

月の種

心斎橋法善寺あられ「月の種(わさび醤油)」です!柿の種にしては大粒です。わさび醤油味がビールが合います(^^)

66

ビール万歳!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら