WordPress-ワードプレス 必須プラグイン&SEOに有効なプラグイン

良かったらシェアしてくださいね!

WordPressのプラグイン情報は検索するとたくさん出てくると思いますが当ブログでも一応、書いておきますので良かったら参考にしてみて下さい(^^)

まずインストールしたら必須、すぐに入れてほしいプラグインのご紹介から

まだWordPressを使ったことがないという方なら何をインストールしていいのか、わからないですよね??あっ、もっと言うと新規プラグインの追加・インストール方法もわからない??

新規プラグイン追加・インストール方法も書いておきますね!

WordPressワードプレス 新規プラグイン追加・インストール&削除 設定方法
WordPressワードプレス 新規プラグイン追加・インストール&削除 設定方法
WordPressワードプレスが始めて..という初心者の方に向けて新規プラグイン追加・インストール&削除方法を書いておきますね!お役に立てれ...

では、いってみましょー!

369

WordPress-ワードプレス プラグインとは?

WordPressプラグインとは?などWordPressのことをまとめていますので、初心者の方はまずはこちらからどうぞ。

【初心者向け】WordPress-ワードプレス設定講座
【初心者向け】WordPress-ワードプレス設定講座
こんにちは、ジェイ(@j_mode)です!ブログを一新させました!今年に入ってから・・何で??って思うくらいにいろんなものが壊れたり、失くし...

WordPress-必須プラグイン

TinyMCE Advanced

エディタ機能の拡張機能プラグイン

最初に不便だなと感じるのがテキスト入力。今までアメーバブログなんか使ってたものなら、なに?このエディタ機能の少なさ!!と驚くはずです(^^;;

tiny

とりあえずテキストエディタ拡張機能プラグイン「TinyMCE Advanced」を入れておくことをオススメします。これをインストールすることによっていろんなエディタ機能を追加することができます。

222

ドラッグ&ドロップで必要な項目だけ管理画面に追加&削除の設定をすることができます。

TinyMCE Advancedダウンロード

TinyMCE Advanced
WordPress のビジュアルエディタである TinyMCE を拡張して拡張します。

類似したプラグイン
AddQuicktagDuplicate Post

余談ですが、改行問題を解消してくれていたド定番だった改行補助のプラグイン「PS Disable Auto Formating」がWordPress4.3以降では不具合が出て使えなくなったので、このプラグインがさらに重宝されています。

▼下記の設定も忘れずに!!

【WordPressワードプレス】ビジュアルエディタからテキストへの変更、切り替えできない
【WordPressワードプレス】ビジュアルエディタからテキストへの変更、切り替えできない
なぜか急に「ビジュアルエディタ」から「テキスト」への変更ができなくなってしまった! 【質問】ビジュアルエディタとテキストの変更...

Contact Form 7

お問い合せフォーム設置プラグイン

お問い合せフォームを作りたい場合はこのプラグインで作れちゃいます。gmailなど公開するのもアレだなぁと思っている人なら、なおさらこの問い合わせフォームを設置しておくと良い。

confort

まぁ、こういうところに設置すると迷惑メールも多くなるので捨てアドレスを使用するケースが多くなりますよね。悪循環か捨てアドレスで迷惑メールが多くなると更にメールチェックをしなくなるという傾向があります。

これならログインした時にメールチェックもできるので一石二鳥です。

設置も簡単でボタンをクリックすると

3333

こんな感じですぐに問い合わせフォームの設置ができます。便利ですよね。

Contact Form 7ダウンロード

Contact Form 7
Just another contact form plugin. Simple but flexible.

Akismet

スパムコメント防止プラグイン

迷惑メールの次に面倒なのが「スパムコメント」。Akismet はスパムコメントやトラックバックをサーバーチェックしシャットアウトしてくれるスパム対策のプラグインです。

aki

なかなか優秀なプラグインでかなりの確率でスパムフォルダに移動してくれます。
設定も簡単で最初にインストールしておくだけでOKです!

Akismetダウンロード

Akismet
Akismet は、Akismet Web サービスを使ってコメントがスパムかどうかをチェックします。

WordPress-SEO対策プラグイン

Google XML Sitemaps

Google対策プラグイン

Google用のXMLサイトマップを作成するプラグインです。記事投稿の際に自動的にサイトマップを更新してくれますのでインデックスへの登録漏れを防ぐことができます。

9090

設置も簡単でインストールし、有効化するだけでもです作動します。

222

インストール後は自動でこんな感じです。

Googleウェブマスターツールへの登録は必ず行っておいて下さいね。

Google XML Sitemapsダウンロード

Google XML Sitemaps
このプラグインは、検索エンジンによるブログのインデックス最適化を補助する XMLサイトマップを生成します。

Broken Link Checker

リンク切れをチェックするプラグイン

ブログ記事のリンク切れを自動でチェックするプラグインです。

link

リンク切れの放置はSEO的にも評価を下げてしまう可能性があり。リンク切れの場合は削除するか修正するか対処しておきましょう。

Broken Link Checkerダウンロード

Broken Link Checker
このプラグインは、投稿/コメント/他のコンテンツについてリンク切れとなくなった画像をチェックし、見つかったら通知します。

PubSubHubbub

高速にGoogleにインデックスさせるプラグイン

高速でGoogleにインデックスできるプラグインです。投稿すると同時にほぼリアルタイムでインデックス申請することができます。

04

このプラグインがSEO対策、もうひとつ「スクレイピング対策」にもなります。

この場合のスクレイピンクとは、あなたが投稿した記事内容を勝手に抽出しコピーし、別のサイトでそのまま転用し利用すること。要するに記事をパクられるということ。

せっかく書いたあなたの記事を横取りされ、先にGoogleに登録されてしまうと、あなたの記事が逆にコピーとみなされてしまうということです。恐ろしいですよね(^^;;その対策としてこの手のプラグインを使って投稿と同時にGoogleにいち早く申請し、対策しようというものです。Googleのエンジニアも推奨のプラグインです。

PubSubHubbubダウンロード

PubSubHubbub
あなたのブログが更新されたときに世界に伝える良い方法。

類似したプラグイン
PuSHPress

Table of Contents Plus

記事の目次を自動生成するプラグイン

投稿した記事内容から自動で「目次」生成してくれるプラグインです。投稿したh1からh6までの見出し用のHTMLタグを拾います。

table

SEO的にもh1などの記述はかなり重要。それを目次化することによって、読者が見やすいということはもちろんん、Googleに対しても読み取りしやすい状況を生んでくれます。

この記事の上段にありますよね。こちらはこのプラグインが自動生成した目次となります。

Table of Contents Plusダウンロード

Table of Contents Plus
目次を自動で生成する、強力でユーザーフレンドリーなプラグインです。 全てのページとカテゴリーリストを表示するサイトマップも出力することができます。

→追記

Table of Contents Plusを使用した際に目次の一番下に「関連」と表記されてしまう場合の対処法

WordPressワードプレスで記事の本文下に関連記事が表示される
WordPressワードプレスで記事の本文下に関連記事が表示される
解決したけど特にこれはメモしておかなくてもいいかな?という案件などをあえてまとめました。どなたかのお役に立てれば幸いです(^^) ...

また随時追加していきますね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら