あのビールの元になったと言われている『ブデヨビツキ ブドバー(チェコ)』なんだかわかりますか?

良かったらシェアしてくださいね!

ちょっと興味深いビールのご紹介..

今日は「ブデヨビツキ ブドバー」をセレクト!

2

ブデヨビツキ ブドバー(チェコ)

なんとなーくですが、このデザイン・・あのビールに似ているような気がしない??

カチカチカチ・・

わかった???ww

そう正解は

バドワイザー!

一応、このビールはバドワイザーの元となったビールと言われています。

1

で、ブドバーは「チェコ」、バドワイザーはアメリカ。

はてはて?

これね、

「ブデヨビツキ ブドバー」これはチェコ語。英語なら「ブドヴァイゼル ブドヴァル」に。さらにアルファベットで書くと「Budweiser Budvar」、つまり「バドワイザー」となるんですよ〜。

1876年にアメリカのドイツ系移民のアドルファス・ブッシュが、自らが発売したビールに、欧州で有名なビール産地「ブドヴァイス」にあやかってバドワイザーと命名。

さらにブッシュさんは法人化に伴い、1895年に「バドワイザー」を商標登録しちゃうんですよーー、もう、そうなると話しはややこしくなるよねwww

20世紀に入ってから商標権を巡って訴訟問題に発展!その結果、「ブドヴァイゼル」は北米大陸および米保護領ではその商標権を放棄、一方の「バドワイザー」はヨーロッパの主な国々ではその商標の使用が認められない。。という結末に?!

で、日本ではというと

バドワイザーとの誤認が無いため?か、どちらもそのままの名前で販売されていますよねww

一説によると味も元になって作られたとか、作られていないとか・・

いかほどに! (^^)

グラスに注ぎます!

6

泡立ちはきめ細かく、すぐにサーっと炭酸は引いていきますね。色は黄金色。

では一口・・

7

うむ・・。

口の中に入れると、

飲みやすっ!

スーーッと喉に入っていきますね。泡具合も丁度良い!!暑い日にキンキンに冷蔵庫に冷やしてカーーッと飲みたい味わい。スーパードライのような辛口のスカッとさではなくて、ホントに喉ごしにスーっと入っていくようなそんな感じです。
 
でも、しっかり味は独特の余韻を残してくれるんですよね〜
 
これがチェコのザーツホップ、モルト、独自の酵母と地下水300mからの良質の水のなせる技か!!
 
いや、これかなり頷けます。
 
 
少し、癖はありますが、この癖がOKな人なら・・
 
これかなりオススメのビールですわ〜、
 
 
見かけたら・・
 
 
買いです!!
 
 
絶対、買いです!ww 
 
 
そして、最後に・・
 
 
バドワイザーとは全く味は似てません!!
 
以上ww
 

詳細

ビール名 ブデヨビツキ・ブドバー
メーカー アイコン・ユーロバブ
原材料 麦芽、ホップ
アルコール 5%
スタイル

ラガー(ピルスナー

ビール万歳!!

bi-ru

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら