横浜開港当時を思い出させてくれるビール『横浜エール』を飲んでみた

良かったらシェアしてくださいね!

この1本に横浜150年物語

今日は..そんな「横浜エール」で飲んだくれますww

0

2

横浜エール

この1本に横浜150年物語・・

えらく、重みのあるキャッチ!

ちょっと調べて見ると

「レトロ横浜」をテーマに「赤レンガデポ」というお土産ショップがあるらしく、そこには当時の横浜を思い出させるような、どこか懐かしく、どこか新しい、横浜の魅力がつまったグッズの取り扱いを行なっている

この横浜エールもそのお土産のひとつで、横浜開港当時の居留地で、もっとも飲まれていたイギリスタイプのビール「ペールエール」を、現代に再現されたもの

ただね・・
このビール。。

高い!

648円ww

通常のクラフトビールの2倍やね

買うときに気分が乗っていたのか?

ちょっと奮発してみましたww

2

ラベルはシブめの黒が基調

なになに
ビターエールと書いてますね

どんな味何だろう?
少し楽しみにしつつ

では、お待たせ!

グラスに注ぎます!

3

泡立ちはかなり良い、泡引きは遅い
泡はホップ多めを感じさせ、色は琥珀色

では一口・・

4

うむ・・。

口の中に入れると、

おお・・

ホホーン

グッときますね。モルト?ホップ?多めなのが伺えますな。ビターというよりも、苦さ抑えめですね。あまりエールらしい独特の柑橘系の苦さはないですね。

これがビター?といえばビターなんだろうけど、印象的にはギュッとしまった落ち着いたビール・・という印象かな?

クセがないので飲みやすい。ただめちゃくちゃエールを感じたい人には不向きかもね(^^)

詳細

ビール名

横浜エール

製造者 横浜フーズ
原材料 麦芽、ホップ
アルコール 5.5%
スタイル

エール

ビール万歳!

114

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら