観光業界はSNSよりもトリップアドバイザーに力を入れろ![インバウンド戦略]

良かったらシェアしてくださいね!

日テレ系、朝の情報番組「スッキリ」で紹介されていた

大分県湯布院町(湯平温泉)にある小さな旅館「旅館 山城屋」が人気なんだとか。

▼旅館『山城屋』
http://www.e-yamashiroya.jp

集客には今、話題のトリップアドバイザーという(観光口コミサイト)をうまく使い、外国人客を相手に1年先まで予約埋まっているという。

一時期はインバウンドの恩恵を受けていた観光業界も今ではもう、その波は去った..と言われてるんだけど・・

しかし!しかし!

インバウンドの波をうまく利用し、継続させているのがこの旅館「山城屋」。

その継続される人気の理由に

女将のユーモアを加えた流暢な英語にあるという。両親から受け継いだ際に独学で英語を勉強し、旅行客をもてなす。

その会話から文化の違う外国人客は日本に何を求め、何を不便に思うのか?を察し、サービスに反映させているのが伺える。

1.スリッパの上に各宿泊客の名前を書く

2.西洋人客には部屋にソファを置く

3.電車の乗換案内を動画で紹介

1)みんなが集まる場所でスリッパを脱ぐと全部同じなのでごちゃごちゃになってしまう。小学校の講堂状態..どれが自分のスリッパなのかわからなくなるよねww

それで紙に名前を書いてスリッパの上に置いてどれが自分のスリッパなのか、わかりやすくしてあげる。

これを見て「なるほどな」と・・。日本人なら当たり前のことでも、外国人客から見ると自分のスリッパはどれだろう?と探してしまうよね。

ボクも最近、出張のビジネスホテルで異文化に戸惑う外国人客と遭遇した。そのホテルの屋上には大浴場があって夜も遅く、ボクひとりだったので優雅に入っていると後からアジア系の家族づれが入ってきた。何気なく、ふと足元を見るとスリッパで浴槽前まで入ってくるではないか?!

えっ?と思いながら見ていると他にも何をどう使っていいのかわからない模様・・

日本人なら当たり前のことでも外国人客にはわからないことだらけ・・

これがボクらも気づきそうで気づけないんだよね。。汗

ルールを守りたいけど、わからないから戸惑う。それを見事にフォローし導いてあげるとそれだけで『安心=快適』に変わり、その旅が楽しくなるってことなんだろうね。2)も同じ。

3)については外国人観光客が来日して最も不安に感じるのは交通機関の乗換..なんだって。山城屋さんはその不安をYouTube(動画)を使って発信し解消している

これがなかなかわかりやすい(日本語の他に3ヶ国語対応)

湯平駅での降車方法(日本語Ver 2.0)

(English)(Korean)(Chinese)

この動画を今は限定公開にしているみたいだけど・・

これがもったいない!!

うまく宿の宣伝なんかを盛り込んで一般公開にすると、湯布院町湯平温泉に行く人の目に止まり、かなり集客効果がありそう・・

こういう動画の使い方は色々と使えそうだよね〜

さてさて、ブームも賑やかしく一時の儲けにするのか、そのブームをブームとせず拡大化して行く努力をするのか・・

ここは分かれ道になるところですな^^

こちら英語バージョンのトリップアドバイザーの山城屋さんのページ。やっぱり評価いいね。

▼参考サイト
yamashiroya

観光業の方々は日本のトリップアドバイザーだけチェックしている人が多いみたいだけど、海外のトリップアドバイザーでの自身の評価チェックを一度してみた方がいいよ。(宿名などをローマ字で入れてみると良い)

▼英語圏トリップアドバイザー

TripAdvisor: Read Reviews, Compare Prices & Book
World's Largest Travel Site. 435 million+ unbiased traveler reviews. Search 200+ sites to find the best hotel prices.

観光業界の方は特に「トリップアドバイザー」はこれからSNSよりも要チェックかも?!

ネット万歳!!

スターバックスから突然、DMが..?!

スターバックスから突然、DMが..?!なんだろうと早速、開けてみたら..
スターバックスから突然、DMが..?!なんだろうと早速、開けてみたら..
何やら..STARBUCKS(スターバックス)から封書が届きましたぞよ.. てか、スタバからこういうの届くんやね・・ はじめての...

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら