ソフトバンク孫正義社長も学んだ『MG(マネージメントゲーム)』とは?

良かったらシェアしてくださいね!

今年から西順一郎先生が昭和51年にソニーCDIで開発した「MG(マネージメントゲーム)」の研修に通っています。

MGとはモノポリーのようなボードを使ったゲームのことで、特徴はゲームを通じ「人」「物」「金」を動かし、擬似経営経験が積めます。

チ-ムで行なうのでなく、「一人経営」型で「決断→自己責任」の為、効果も抜群。

若かりしソフトバンク孫社長が学んだことでも有名で、その当時の話を西先生がコラムで書いてくださっています。

とっておきのMGの話 | 西研究所
 昨年私と共著で『会計はなぜマトリックスがいいのか?』(税務経理協会)を出版した山形の宇野寛さんが、メルマガに、私も知らなかった面白い話を掲載されたので、ご了承を戴き、ここにご紹介します。 ■ソフトバンクの孫さんが以前からMG(マネジメントゲーム)をやっていたことは有名な話ですが、「むかし、孫さんと一緒に同じ卓でMGを...

さらに孫社長、自身が語っておられます、必見!

実際に体験した感想は・・

かなりヤバイです、この研修!!!

10年前から、このMGの良さを聞かされていたものの、研修に参加できずにいたこの10年を悔やむぐらいに衝撃を受けました。

実際に西先生も言われていた「最低100期はクリアしてくださいね!」を孫社長も動画の中で言われていたように、回を重ねるごとにこのゲームのリアルさに驚きを隠せません!!

実際に自分が把握している自分のウィークポイントがこのMGでもしっかり出ていました…ほんとリアル!!ヤバイわ・・

今年は特に時間が許す限り通い続けたいと思っています。この記事を読まれた方で気になった方はぜひ参加された方がいいですよ!!絶対にオススメです

戦略MG会計の本があります

▼時間のある方はこちらの記事もどうぞん!

経営とは最短距離でゴールを目指すこと、勝率の高い勝負を選択することだと思うんだよね。
経営とは最短距離でゴールを目指すこと、勝率の高い勝負を選択することだと思うんだよね。
ここ数年、実は経営に対する気持ちがスッキリしないというかモヤモヤしていた自分がいました。でも今年は西順一郎先生のMG(戦略MGマネージメ...

この記事が気に入ったら
いいね!してね~

最新情報をお届けします

この記事に関連するカテゴリ内の記事はこちら